忍者ブログ
独りアクティブ非モテ系11年目ドクターのにっき。ただいま期間限定でアメリカ留学中。
[122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112]
1日目

  7:00     起床。今日もがんばるぞ。朝ごはんは納豆ごはん、(゚Д゚)ウマー。
  8:00     病院到着。午前中は外来見学です。
14:00    ようやく昼ご飯タイム。天ぷら蕎麦(゚Д゚)ウマー。
18:00    ようやく外来も終了。今日もなかなかいろんな疾患を勉強できました。
19:00    定例勉強会。今日は心電図です。俺的には得意分野でなかなか楽しみ。
20:10    勉強会終了。やっぱり心電図は面白い。
20:00    麻酔科の藤代先生と飲みに行くことに。医局でしばし待機。
20:20    藤代先生からなかなか連絡がこない。
20:30    医局で待っていたところ、隣の席のハナコ先生が戻ってきました。

      俺「お疲れさーん。」
      ハ「お疲れー。もう仕事終わったの?」
      俺「うん。麻酔科の藤代先生に飲みに誘われてさ。連絡待ち。」
      ハ「あれ?藤代先生ならさっき、ケン先生(←※同期)と一緒に血相変えて走って行ったよ。」
      俺「ケン先生は・・・そうか、いま麻酔科研修中か。」
      ハ「緊急オペでもあるのかな。」
      俺「なんかいやな予感が。。。。」

20:40    ケン先生から院内PHSに連絡。

       ケ「もしもし、はく君?」
       俺「おう、どうした?」
       ケ「救急外来にちょっとやばい患者さんが入ってさ。今から緊急手術になるんだ。それでさ。」
       俺「うん。」
      ケ「ちょっと麻酔手伝ってくれない?藤代先生が準備にかかってるところ。」
      俺「OKわかった。すぐに行くわ。」

20:50    手術室到着。

      俺「カルテはざっと見たけど・・・ひさびさの超大物やな。。。」
      ケ「おう。とりあえずさ、輸液管理と輸液計算頼んでもいい?たぶん輸血も大量に要るはず。」
      俺「OK。チェックとカウントは任せて。」
      藤「あ、はく先生、今日は飲み会ごめんなー。」
      俺「いえいえ、また是非誘ってください。てか、大変なことになりましたね。」
      藤「うーん。。。まあ、がんばりましょう。」
      看「患者さん入りまーす。」
      俺「お、来た来た。」
      ケ「さあ、いっちょ、頑張りますか。」

22:00     看「出血、5,500mlです!
      外「血圧は!!?」
      藤「動脈圧で70台だけど・・・第2陣の輸血はまだ来ないの!?」
      看「院内貯蓄はこれで全てです。いま血液センターに依頼してるんですがまだ返事が・・・。」
      藤「・・・新鮮血輸血は?」
      看「それもこの時間では1時間以上はかかるとのことで。。。」
      俺「血ガスデータ出ました。ヘモグロビン4.5です。。。。」
      藤「血液センターからの血液はいつ来るの?連絡は取れないの?」
      看「予定では22:30頃には着くとのことですが・・・。」
      ケ「はく先生、すまん。いま採血出したから検査室まで持ってってくれない?」
      俺「OK。ダッシュするわ。」

22:30      藤「血液はっ!!?」
      看「まだ連絡がないんです。。。」
      看「出血、10,500mlです。
      俺「先生、ビカーボン終わっちゃいますけど、次はこのルートもアルブミネートにしますか。」
      藤「それでいい。ポンピングして。FFPは解凍してるね?」
      俺「はい。薬剤部から届いてます。」
      医「血圧は?」
      ケ「78です。」
      看「アルブミネートもこれで全部なんですが・・・。」
      俺「薬剤部や病棟にはまだありますよね?」
      藤「全部オペ室に持ってこいっ!!!」
      看「はいっ(汗)。」
      俺「藤代先生、ちょっと俺、玄関まで走ってきます。血液が届いたらオペ室まで届けますわ。」
      藤「おう。頼むわ。薬剤部を介さず直接届けてくれ。手続きはあとで何とかするから。」
      看「採血結果出ました。ヘモグロビン4.1、血小板15,000です。」
      ケ「まじで!!?」
      俺「行ってきます!」

22:50    150km離れた稲北市より血液第一陣到着。
     深夜の病院内を血液バッグ抱えて走る俺。

22:55      ケ「脈拍30台です!!!」
      藤「看護師さん、念のためDC用意して!!!」 
      ケ「血圧60台です!」
      俺「先生、いま稲北からB型(+)20単位届きました!!!」
      藤「おおお、サンキュー。どんどん入れましょう。」   
      看「確認します!番号OKですね。」
      俺「チェック大丈夫です。」
      藤「3ルートにつないでポンピング、ケン先生、はく先生お願い!」
      俺「はい!」
      ケ「はい!」
      俺「出血、14,800mlです!!!尿量、400ml。」
      医「藤代先生、頼みます!!!」
      藤「血液、押し込んで!」
      俺「はい!」
      ケ「はい!」

2:35      なんとか手術終了。患者さんはICUに送られて行きました。
              手術台の下の血だまりを看護師さんが掃除にかかっています。

2:50      手術室控室にて。

      藤「いやあ、久々に冷や汗だったな。。。2人とも助かったわ。ありがとう。」
      ケ「いえいえ。」
      俺「いえいえ。」
      藤「明日はちょっと予定があるけど、明後日こそ飲みに行きましょう。」
      俺「是非是非。」
      ケ「店とか探しときますわ。何系がいいですか(笑)?」
      ケ「なんかさ、ふつーの安っぽい居酒屋に行こうぜ。脂っぽいものが食べたい(笑)。」
      藤「はっはっは。さて、今日は帰って少しでも休みましょう。明日のためにもね。」

4:00       帰宅。最後の最後に大変な一日やった。。。。
      そういや昼飯以来14時間くらい何も食べてない気がするけど、もう気にしない。
4:30       ビール1缶飲んでねる。明日は・・・早朝勉強会やった。。。(←※しかもプレゼン担当)

2日目

 7:15      しまった、寝坊した!!!朝飯抜きでいっそいで病院に向かう。
 7:30      病院到着。血液ガス分析、酸塩基平衡についてマニアックに熱く語ってみる。
      今回は古典的アプローチに加えて、スチュワート法をまとめてみました。
 8:00      勉強会終了。所属科へ。今日は手術日です。

16:30    ようやく本日の手術終了。腰が痛い、腹減った。。。。気がつけば食事摂ってない。。。。
17:20    患者さんを病棟にあげてようやく一段落・・・したいところですが今日は救急当直です。
17:30    救急当直開始。初っ端から忙しい。飯が食えない。
19:30    救急車3台同時到着
      バイク事故と、老人ホームのお年寄りのSpO2低下と、たぶん過換気。
      後ろ2台を任せられる。
20:30    検査結果が全部出そろったので指導医にコンサルト。
      その診断でOKとのことで、患者さんやご家族への説明を任される。お年寄りは入院となりました。

21:50    リストカットした女の子の傷を黙々と縫う俺。常連さんです。

23:00    まだまだ救急外来には待合患者さんがいっぱい。飯食う暇なんてねえよのこやろう。
      ひたすらに診察、検査、説明が続きます。頑張れ、俺。

3日目

0:10      A「1週間前から歯が痛くて、薬が欲しいんです。」
     俺「我慢できないくらい痛みます?」
       A「そういうわけじゃないんですけど、病院だと保険が効いて安いかなと思って。」
     俺「・・・。」

0:40      B「3週間前からなんか頭痛がするんですが、ちょっとMRIとかいうやつ撮ってもらえませんか?」
     俺「MRIですか?」
     B「日中だと予約でだいぶ先になるようなので、救急で来ました。」
     俺「・・・。」

1:50     看「はく先生、あと10分で救急車です。40台男性、首つりだそうです。」
     俺「自殺ですか。」
     看「詳細はわかりませんが、まだ脈はあるそうです。」
     医「助けなきゃあかんな。」
     俺「はい、頑張りましょう。」

2:03    救急車到着。見れば首にはしっかりとヒモの痕。ひえー。。。
     患者さんセンターテーブルに移動させ、スタッフが集結し初期治療が始まります。

2:20     A「頚損は?」
     B「XpでもCTでも明らかな頚椎損傷は認められませんね。」
     C「ご家族は、何としてでも救命してほしいとのことです。」
             A「はく先生、挿管できる?頚椎損傷はないからね。普通にやればいい。」
     俺「はい。やります。」

2:35     無事に挿管成功。一発で決まってよかった。。。
     救命センターではすでにレスピレーターの準備も整い、受け入れを待ち受けています。

3:00    患者さんがICUに上がっていきました。何とか意識が戻ればいいですが。。。

3:05    これにてようやく救急外来の患者さんがゼロに。
     ICUをのぞきに行ったところ、看護師さんから呼び止められました。

     看「はく先生、サトウさんの鼻出血が止まらないんです。。。」
     俺「サトウさんって、たしか持続でヘパリン流してますよね。。。」
     看「ええ。」
     俺「・・・とりあえず、見てみますわ。」
     看「ありがとうございます。」

3:10     喉頭ファイバー使っていろいろ見てみるも、どうも出血点はだいぶ奥のよう。
     ボスミンガーゼやら頑張ってみるもなかなか止まらず、耳鼻科の先生に連絡することに。
6:00     耳鼻科の先生と協力してようやく止血。
     耳鼻科の先生曰く、「これは最難関の鼻出血だったな」とのこと。
6:30    ようやく仕事が途切れる。てか腹減った。眠い。少しは休めるか。。。。
7:10    突然全館放送が流れる。

    
 「ドクターブルー、ドクターブルー、北病棟5階です。ドクターブルー、ドクターブルー・・・」

     ・・・まぢで!!!!!!

      ※「ドクターブルー」・・・院内緊急コール。急変患者が出たので空いてる医者は全員集結せよ。

7:12    北病棟5階到着。
            激烈な胸痛後に意識消失した患者さん、すでに10人ほどのドクターが集結、速攻でCT室へ。
7:20    患者さんをCT室に搬送、直後に救急車が2台同時に到着するとのコール。
     CT室をいったん離れて救急外来へ。
7:30    交通外傷の男性、熱性痙攣の乳児が同時搬送。
     先ほどの胸痛の患者さんと合わせて救急外来が修羅場状態に。
     とりあえず俺は交通外傷の患者さんの処置を任される。
8:50    とりあえず自分の仕事は終了。
     先ほどの院内急変の患者さんはそのままヘリポートへ上がっていきました。緊急搬送のようです。
9:20    だいぶ伸びましたがなんとか当直業務終了。所属科の外来へと向かいます。

10:00  なにげに外来見学は眠い。。。。

13:30  ようやく食事タイム。48時間ぶりの飯はやっぱり天ぷら蕎麦。てか(゚Д゚)ウマー。
17:30   外来終了。今日はカンファレンスです。
19:00   カンファレンス終了。
20:00   ようやくすべての仕事終了。この3日間頑張った、俺。

20:25   約束通り、藤代先生、ケン先生と飲みに行く。
23:00   飲み会終了。うちに帰る。測ってみたら飲み会の後なのに体重が2kg減ってる。

・・・文系は勝ち組だとつくづく思う今日この頃です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
壮絶すぎます。。。
患者さんにも、適切な病院の利用を心がけてほしいものですね。。

はくさん、負けないで!
みー。 2008/07/12(Sat)15:08:09 編集
無題
事細かに、
しかもスピード感あふれる描写、

引き込まれて読み終わったらこちらまで疲れてしまいました。
(ハァー・・・・・)

書く事が伯耕さんのリフレッシュタイムなのでしょうか???

凄過ぎます!

クリームパフェ 2008/07/12(Sat)22:42:19 編集
無題
おつかれさまでした。
リストカットと、頭痛さんと、歯痛さんが来なかったら、少しは眠れたのかなぁ。

噂通り、ほんとにこんな方がいらっしゃるんですね。

修羅場の夜に、病院へ行くのは危険、危険。

はくこうさん、天ぷら蕎麦ばかりですが、病院の食堂ですか?
ぴんぐー 2008/07/13(Sun)13:14:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/23 Yoko]
[07/21 ゴートゥななしさん]
[07/21 一器高虎]
[07/15 ゴートゥななしさん]
[07/14 ゴートゥななしさん]
プロフィール
HN:
はくこう
性別:
男性
職業:
麻酔科医
自己紹介:
アメリカの某大学病院に研究留学中の麻酔科医。気がつけばドクター11年目、WEBでのカキモノは17年目に突入ながら、変わらない非モテ系が、そこにはいる。ズーン。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]