忍者ブログ
独りアクティブ非モテ系10年目ドクターのにっき。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
弾丸香港の旅3日目であります。本日が最終日。
緯度で言えばむしろフィリピンのマニラに近いくらいの香港ですが、
2泊3日の小旅行ということも相まって、
なんかまだ国内旅行の延長のような感覚です。



お世話になったホテル、The Excelsior Hong Kongのお部屋より。



そしてお部屋の真下に昨日行ったNoon Day Gunがありました。


2日間お世話になったThe Excelsior Hong Kongを出発し、
最終日はこのホテルのある銅鑼湾周辺を散策することに。
まずは銅鑼湾と湾仔の間にある高架橋の下へ向かいます。



スリッパ叩きおばちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。


打小人(※別窓)
香港独特の悪縁切り風習、
拝神婆と呼ばれるおばあちゃまが、
悪縁を書いた紙をスリッパでバンバン叩きまくることで、
悪縁を追い払うという儀式であります。
この日は朝も早かったせいかまだお客さんはいらっしゃらず、
スリッパバンバンの光景が見られなかったのがちょっと心残りでした。



続いてビクトリアパークへ。ビクトリア女王像。



続いてお向かいの香港中央図書館へ。ライブラリショップを堪能。


そして再び雑踏を歩いて銅鑼湾方向へ。
ふと時計を見てみれば時刻は正午前、というわけで、



再びズガーン!(※Noon Day Gun)


再び大音響を満喫したところで(←※やっぱりビビりにつき耳栓)
そろそろ帰りの飛行機の時間も気になる時刻。
残るはお土産タイム、というわけで、



そごう。(←※なにげに銅鑼湾のシンボル)

思いっきり日本の商品があふれる店内に、
むしろ香港特有のお土産を見つけることの難しさを感じつつ、
麻酔科と集中治療部と看護師さんへのお土産を無事ゲット、
とりあえずのDutyを果たしたことに満足しつつ、
再びThe Excelsiorに戻り、預けておいた荷物をゲットして、
あとは空港に帰るのみです。



遅いお昼ご飯は空港の「翡翠拉麺小籠包」にて。鶏つけ麺(゚д゚)ウマー。



3日間最大限に活躍してくれた交通系プリペイド、オクトパスカード。



3日間リフレッシュしました。ありがとう香港!


というわけで2泊3日弾丸香港の旅これにて終了であります。
ちなみに行きのキャセイパシフィックの機内では「君の名は。」を見て、、
帰りの機内では「超高速参勤交代リターンズ」を見るという、
どうだこの女性受けするチョイス!


・・・


・・・


で(泣)(←※片方余分)




香港で買ってきた怪しいスナック。「Hot辛いポ、テトスナシク」。



輸入者は日本市大阪市とのこと。もう何が何だか。


というわけでこれにて2泊3日の香港旅行本当に終了。
さーてと、香港でいろいろ頂いた中華料理、
また頑張って再現料理作りましょうかね。独りで。


・・・


・・・



ズーン(←※やっぱり最後はこうなる)
PR

というわけで弾丸・香港の旅2日目であります。
本日の予想最高気温は25℃とのことで、
1月初旬なのですが半袖の人が多い香港です。
いやはや、香港は暑いですなー。
そして自分の存在の寒いこと寒いこと・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※今日も快調に自虐)


滞在2日目はホテルのある銅鑼湾からスタート。
まずはExcelsior HotelとWorld Trade Centerの間の通路に向かい、



この地下駐車場入り口へと入っていきます。超わかりにくい。。。



とりあえず矢印に沿って地下駐車場を進んでいきます。



かなり怪しい地下道を矢印の示すままに進めば・・・



Noon Day Gunに到着。


ヌーンディ・ガン(※別窓:Wikipedia)
1800年代からのいきさつにより、毎日正午にぶっ放される大砲。
正午に轟く大砲音は銅鑼湾界隈の名物、というわけで、



正午が近づくと人だかりができてきます。


そして正午前、制服を着たジャーディン・マセソンの社員さん登場。
砲台に空砲弾を装填していったんは砲台外へ。
しばし時計を見つつ、ついに正午になるとまず大砲横の鐘を鳴らし、
そしていよいよ大砲に近づき、



ズドーン!!!!(←※超絶大音響)


前もって耳栓してたからよかったものの、
予想以上の大音響にけっこうビビりつつ、



発射後30分だけ入れる砲台敷地内。砲手さんと記念撮影タイム。


というわけでNoon Day Gunを満喫したところで、
続いて地下鉄を乗り継いでやってきたのは、



九龍塞城公園。(↑※フォントが怖い)

九龍城砦(※別窓:Wikipedia)
かつてこの地に存在した超巨大高層違法建築スラム街。
あまりに複雑に入り組んだ建築と法の及ばないカオスっぷりから、
今でも伝説として語られることの多い九龍城ですが、
取り壊されてからもう20年以上が経過。
香港に行くならその跡地を見てみたいと思って訪問したこの跡地公園、
ついに念願叶っての訪問です。



九龍城の模型も置いてあります。



模型からもわかるそのカオスな建築っぷり。


デイリーポータルZ(※別窓)でも
ここをレポートされてたことを思い出しつつ、九龍塞城公園をお散歩。



植木がドラゴンの形に刈り上げされておりました。


九龍城跡も満喫したところで、
再び地下鉄の駅へと戻り、地下鉄を乗り継いでやってきたのは、



深水埗。香港のディープな下町。



劉森記麵家(※別窓)の蝦子撈麺、むちゃくちゃに(゚д゚)ウマー。



この雑踏と張り出し看板がいかにもアジアンな感じ。



なんだかわからないけどとりあえず美味しそうな屋台もアジアンな感じ。


深水埗の散策を楽しんだところで、
再びさらにさらに地下鉄に乗り、やってきたのは地下鉄・九龍駅。
駅に直結するなんかハイソなストリートを抜けて、



この超高層ビルに登りますよ!!!(←※高いところ好きな人)


環球貿易広場(※別窓:Wikipedia)
香港最高峰、高さ484m、118階建ての世界4番目に高いビル。
この100階部分(393m)に「天際100」なる展望台があるということで、
いざ登ってみることにしました。



てか高い!!!そして香港ビルだらけ!


全4方向、とてつもなく高く高いところ好きとしては大満足。
エレベーターの高速っぷりもなかなかに印象的で、
旅行中必ず1度は高いところに登る!
という個人的Dutyを無事にこなしてたところで、(←※賛同者ゼロ)
再び地下鉄に乗り、さっき真下に見えていた尖沙咀地区へと向かいます。


そして香港最大の繁華街、尖沙咀地区に到着。
ちょっと甘いもの&お茶(※別窓)を頂いてリフレッシュしたところで、
続いて向かったのは、



ザ・ペニンシュラ香港(※別窓:Wikipedia)


香港が、いやアジアが誇る世界最高級ホテル。
もちろんペニンシュラにお泊りできる余裕もないので、
今回の目的はペニンシュラの売店「The Peninsula Boutique」
ここでこのホテルが元祖である調味料、
「XO醤」を無事に手に入れてご満悦であります。
しかし1瓶6,000円もした本場の「XO醤」恐るべし。。。


無事お買い物も終わったところでそのまま歩いてシーサイドへ。
海辺が見えるプロムナードに来てみれば、



超絶大混雑。(←※そしてカップルばっかり)



夜8時からの光の祭典、シンフォニー・オブ・ライツを見ますよ!



香港島の超高層ビルが織りなす音楽と光の祭典。すごかった。。。



帰り際。なんかいい感じの雪だるまさんオブジェがいました。



夕ご飯は銅鑼湾にて。てかこの炒飯むっちゃくちゃ旨い。。。



小籠包もむっちゃくちゃ旨い。。。至福のひと時。



エスカレーターの緊急停止ボタンがなんかエヴァっぽい。


というわけで相変わらず酔っぱらいながら、
弾丸香港の旅2日目の夜もふけていくのでありました。

そういや今年度も夏休みを取ってなかったはくこうです。
若い先生方に夏休みを取らせることを優先してたら
ふと気が付けば最後に頂いた夏休みは3年前。。。
まあ夏休みをもらってもどうせ独り旅くらいしかするないですからね!
寂しくない寂しくない寂しくない・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※夏休みはいつも独り!)


1月最初の3連休、運の良いことに当直なしでリアル3連休。
せっかくなので久しぶりに小旅行に出てみることにしました。
土曜日朝、関西国際空港から4時間のフライトでやってきたのは、




香港!(←※もちろん初訪問)


というわけで2泊3日、弾丸・香港の旅であります。
人手不足で忙しさに拍車がかかった9月以降で
3kgほど体重が減ってしまったこともあり、
この旅行で美味しい中華料理をたくさん頂いて体重を増やすのだ!
健康体重に戻ればきっとモテモテに・・・


・・・


・・・



で(泣)(←※その可能性、絶望的)




香港国際空港。漢字の看板を見ると中華圏に来た実感。



エアポートエクスプレスより。高層マンションが発展アジアな感じ。



香港有数の繁華街、銅鑼湾到着。アジアに来た雰囲気てんこ盛り。



まずは上環に向かい、文武廟へ。線香の煙が立ち込める神聖な雰囲気。



文武廟から中環へ向かう道から。このアジアンな雰囲気がいい感じ。



道中、泰昌餅家(※別窓)で頂いたエッグタルト(゚д゚)ウマー。



さらに立て続けに頂いた夢想豆花(※別窓)の豆腐花(゚д゚)ウマー。


上環駅から文武廟経由で中環駅まで歩き、
さらに中環駅から海沿いのコンベンションセンターまでテクテクと。
ここからC15番のバスに乗り、到着したのは



ピークトラム山麓駅。


香港100万ドルの夜景を望むことができる山、
ビクトリアピークへと登るケーブルカーの山麓駅、
週末夜は激しい行列になるということを承知でちょっと早めに訪問です。
まあ、このくらいの行列なら許容範囲内、と思っていたら、


ちょっとまて、道を渡ってさらに奥に行列が続いていくぞ・・・




行列最後尾。(←※先頭まで数百メートル)


予想以上の大行列に凹みつつも、
せっかくここまで来たんだったら腹を据えて待とう作戦。
少しずつながら前に進めることに希望を頂きつつ、
行列に並ぶこと2時間、ようやく、ようやく、



ケーブルカーホーム到着!



上の光景に一瞬、葬式鉄(※上の写真:別窓)を思い出しつつ、


ようやく念願のケーブルカー乗車。
もちろん座れずに通路に立つわけですが、
最大27度の傾斜は何かに掴まらないと危機感を感じる角度。
こんなん日本だったら絶対立席乗車させないよなーと思いつつも、
10分弱で山上のビクトリア・ピークに到着です。


行列に並んだおかげで夜も暗くなってきたところ。
山上からの眺めは、



・・・


・・・




絶景キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(←※This is 100万ドル)



環球貿易広場ビル(※別窓)の変幻イルミネーションがすごい。



そしてもちろん展望台は超絶大混雑。


香港100万ドルの夜景を満喫したところで展望台を退出。
帰りもケーブルカーで帰ろうかと思いつつ駅に向かってみれば、
2時間以上並びそうな長蛇の列。。。(←※現在午後9時過ぎ)
急遽、他に帰る手段をいろいろ調べて結局タクシーで帰ることに。
山上からタクシーで一気に銅鑼湾まで戻って料金は1,200円くらい。
香港タクシーの安さを考えれば、おススメの戻り手段です。




夕飯は銅鑼湾の泉章居飯店(※別窓)にて。塩焗鶏(゚д゚)ウマー。



梅菜扣肉。豚の角煮的な感じで(゚д゚)ウマー。



お店おススメで頂いた焼きそば的なお料理がまた(゚д゚)ウマー。


本格的客家料理でだいぶお腹を満たしたところで、
いい気分で酔っ払いながらホテルに戻ったのでありました。
さあ今日頂いたもの、独り晩酌で再現するべく味を覚えていなければ!
寂しくない寂しくない寂しくない・・・


・・・


・・・


ズーン(←※2日目に続く)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m。
さあ今年も自虐頑張るぞ!


・・・


・・・


で(泣)(←※方向性大間違い)


というわけで医師10年目にして7回目の年越し当直を終えて、
元日の夕方に久々に地元・静岡県に2泊3日の駆け足帰省であります。
それにしてもJR静岡駅に降り立った瞬間に感じる明らかな気温の高さ、
さすがは温暖な国、静岡県です。



初詣は静岡浅間神社へ。徳川家と非常に関わりが深い神社。



おみくじを引くための行列。



ななななんと!今年は大吉ですよ!



キルフェボン静岡本店は元旦から大行列。



そして夜はもちろん静岡県民のソウルフード「さわやか」へ。


実は「さわやか」のハンバーグ、
ソースのかけ方を注文できるという知ってる人は知ってる裏技があります。
今回注文したのは「オニオンソースをハーフ」。
ソースをかけるときこう注文すると上の写真のように、
半分に切った片方だけソースをかけてくれます。
そしてソースをかけていない半分の方は、
テーブルに置いてある塩胡椒で頂くというのが通っぽい頂き方だとか。
げんこつハンバーグをシンプルな塩胡椒で頂くと、
ただでさえ肉っぽいインパクトがさらに肉っぽくなり、
肉を食べている満足感が倍増して確かに旨い!
他にもデミグラスとオニオンを両方頂ける「ミックス」など、
いろいろな裏オーダーが可能らしいので、
「さわやか」ファンはいろいろ試してみるといいかもしれません。



この「中身が少し赤い程度」!肉を食ってる大満足感!



次の日は今宮の交差点に来ました。



ちなみにここ。(※別窓:google street view)



ふつーの茶畑なのですが、「撮影注意」の看板がたくさん立っています。


いざそんな茶畑に登ってみれば、



富士山と茶畑(This is Shizuoka)!


「今宮の茶畑」(※別窓)
いかにも静岡県的な風景、
茶畑と富士山を同時に撮影することができる知る人ぞ知るスポット。
普通茶畑には防霜ファンという扇風機みたいなものが
たくさん立っているのですがなぜかこの茶畑には一切なし。
というわけでここ今宮の茶畑は、
障害物のない茶畑&富士山を拝むことができる貴重なスポットです。
少し雲が出てしまいましたが、
それでも茶畑&富士山写真をゲットしてだいぶご満悦。



そして帰り際に東名高速道富士川SAにお立ち寄り。



富士川SAといえばこの景色です!



そしてものすごい数の記念写真撮影さんたち。



富士山をバックに和太鼓の演奏なんかもしてました。


後ろに映ってるスタバ、
日本有数の絶景を誇るスタバに間違いないと思いつつ、
JR静岡駅への帰途についたのでありました。


 
某所で発見しただいぶごろごろしてるポスト。


というわけで今年度もマイペースで更新していきますので、
よろしくお願いいたしますm(__)m。
突然ですが、週に2回ほど救急当番というお仕事があります。
救急当番の主なお仕事は手術室全体のマネジメント業務、
何列かの予定手術麻酔の監督をするのに加えて、
緊急手術の受け入れや時間調整なんかをするのが救急当番のお仕事。
いつもお昼ご飯は手術室からちょっと離れた院内食堂で頂くはくこうですが、
救急当番の日は手術室フロアを離れられないので、
朝早起きしてお弁当を作ることにしています。


朝早起きしてお弁当を作ることにしています。


朝早起きしてお弁当を作ることに・・・しています。


朝早起きしてお弁当を作ることに・・・(←※独りで)


・・・


・・・



で(泣)(←※朝からズーン)



というわけで以下なんとなく早起きして作ったお弁当たち。
ほとんどが前日のお夜食の残りもんという事実は気にしない。



チキンスパイス煮込み、ゆでブロッコリー、パプリカお浸し&ゆでたまご。



秋鮭の中華饅頭、いろいろ煮物、ワカメの出汁煮。



出汁巻き、ウィニー、エビチリ、オクラとモロヘイヤの和え物。



豚キャベツ炒め、再びエビチリ、ゆでブロッコリー、味付け半熟卵。



青椒肉絲、エビとブロッコリーのマヨネーズ和え、沢庵。



竹輪の磯部揚げ、白身魚のフライ、金平牛蒡、紅生姜。いわゆるのり弁。



とりあえずあったものいろいろいっぱい詰め込んでみた系。



再び青椒肉絲、出汁巻き、金時草と湯葉の和え物。



アスパラの牛肉巻き、海老の中華風炒め、またしても出汁巻き。



明太子入り出汁巻き、水菜の出汁あんかけ、鮭ハラス焼き。



ぶり大根、ほうれん草の胡麻和え、沢庵。


朝早起きして自分のために作ったお弁当を、
お昼時、誰にも見られずにこっそりと頂くのって、
あやしうこそものぐるほしけれ。(←※異常なほど狂おしい気分になるものだ)


・・・


・・・



で(泣)(←※from 徒然草)



キャラ弁に手を出したい気持ちがありつつ、
その一線を越えたらなんかいろいろ戻って来れなさそうな気もして
ちょっと躊躇するはくこうでした。
AAA ruptureの緊急が終わった正午過ぎに、
舞い込んできたA型解離3件を全て受け入れ。
予定手術は予定通りすべてやり切り、
整形緊急を並列しながら深夜1時過ぎに解離3件目も終了、
整形が終われば入れ替えで朝3時から胆嚢炎の緊急開始、
それが終わった朝6時から外傷の緊急開頭血種除去を受けて、
朝8時過ぎにこれを別のドクターに引き継いで、
朝9時から予定手術3列の並列指導に入り・・・


忙しさって寂しさを忘れさせますよね!


・・・


・・・



で(泣)(←※さすがにクタクタ)


というわけで前回の続き「夜会」明けであります。
夜会のためだけに東京に来たわけですが、
帰りの飛行機の時間まではもう少しというわけで、
赤坂見附のホテルを起点に、周辺をお散歩してみることにしました。




東京はなにげに坂が多い気がします。



坂を上がりきったところに名門・日比谷高校が。


メキシコ大使館なんかもあってさすがは国の中枢だと思いつつ、
くねくね曲がった坂道を登っていけば開けた大通りへと出てきました。



なんかニュースでよく出てくる風景が。(※自由民主党本部)



ババーン!(※観光客と警官がいっぱい)


完全にお上りさんやなーと思いつつ、
ありとあらゆる角に警察官が立っていることにビビりつつ、
国会議事堂前の公園へと入ってきます。
実は前からちょっと気になっていた公園。



東京は割と緑が多い都会な気がします。



ここが日本水準原点(※別窓)


日本の標高の全ての基準となる原点が納められている場所。
マニアックスポットにつき見学者は自分のみ。
水準原点を保存する奥の小建築も歴史的に非常に面白い建物で、
上部に残る「大日本帝国」の刻印に歴史を感じつつ、
一休みも終了、再びお散歩再開です。



日本の中枢にいる雰囲気ですよ!



これもニュースでよく見る風景な気がする。



桜田門まで来ました。桜田門といえば・・・



「相棒」でよく見るこのビルですよね!(※警視庁本庁舎)


警視庁本庁舎の右奥に見えるのが国会議事堂。
警視庁と国会は近いんやなーと意外な感じに思いつつ、
桜田門をくぐり、皇居外苑へと入っていきます。



皇居・正門石橋(※正式には「二重橋」ではない:別窓)



もちろん観光客で大賑わい。(※奥の橋が正式な「二重橋」)


いつかお正月の一般参賀に参加してみたいもんだと思いつつ、
再び先ほどきたルートを逆戻り。
桜田門をくぐって皇居のお堀の周りを歩いていきます。



途切れることのない皇居ランナーさんたち。



これもニュースでよく出てくるやつ。



ホテルグランドアーク半蔵門。


この円形建築、こちら(※別窓)やらこちら(※別窓)を思い出しつつ、
地下鉄・半蔵門駅まで到着し、ひとまずお散歩第一陣は終了。
そしてここから地下鉄に乗り、やってきたのは、



押上駅(※スカイツリー前)。


超絶大混雑するソラマチ、
休日のスカイツリーに当日券を確保して登る勇気もなく、
今度はスカイツリーに関するマニアックスポットを目指してお散歩です。



押上駅から横十間川沿いを歩いていきます。



そして到着したのは十間橋。押上駅からゆっくり歩いて15分くらい。



そしてお目当ては橋のたもとにあるこちらの道路標識。


十間橋横の道路標識、
一見なんということもない道路標識ですが、
この標識、ある角度からうまーく写真のアングルを合わせると、


・・・


・・・




こんな写真が撮れます。ネットで有名になったやつ。


ちょうど矢印が高さを指示しているようでいい感じ。
標識も深読みすれば、350mまでは歩いて登ってみましょう。
そこから上は進入禁止、634mより上は行けませんよ、
と言っているような気もして面白いもんです。
いやー、こんな面白いスポット、だれか一緒に来てくれる人・・・


・・・


・・・



で(泣)
(←※このスポットも独り!)





というわけで羽田空港から大阪まで帰ったのでありました。

本年度3本目の論文の執筆に取り掛かったはくこうです。
年末までに投稿できる形になればいいなーと思いつつ、
婚活の方は全く形にならないとかいう・・・


・・・


・・・



で(泣)(←※reject濃厚)



さすがに毎日毎日現場が忙しすぎることもあり、
たまには息抜きもしなきゃならんと思い立って
週末にやってきたのは



伊丹空港(※大阪国際空港)



もちろん伊丹空港といえば複雑怪奇な飛び地事情ですよね!


・・・


・・・



で(泣)(←※全員無視)




こういう空港っぽい風景に萌える。


伊丹空港からJALに身を任せて1時間ほどで羽田空港到着。
MCCRC以来、1カ月ぶりの東京であります。
相変わらず人の多さにビビりつつの慣れない東京、
地下鉄を乗り継いでやってきたのは、



赤坂見附。


さすがの大都会っぷりにだいぶビビりつつ、
サウナリゾートオリエンタル(※別窓)でしっかり休息したところで、
予約していたホテルにチェックイン、
荷物を置いたところで赤坂方面へと歩いていきます。



なんかテレビで見たことがあるビルがありますなー。



特設スケートリンクで楽しむ人たち。このへんがなんか東京っぽい。



とりあえず街がひとつひとつオシャレなのがさすが東京。



ハートのマークの前で記念撮影ですか、そうですか。(←※ズーン)


そんなこんなで久々の首都の圧倒的オシャレさに自分を見失いつつ、
微妙に迷いながらやってきたのは、



赤坂ACTシアター。


もちろんここを訪問するのも初めてです。
そしてそして、今回ここ赤坂ACTシアターを訪れたのは、



中島みゆき「夜会」。


ついに参加する日がやってきました「夜会」。
中島みゆきのライフワークとも言える舞台であります。
日本の公演の中で最もチケット入手困難なイベントとも言われる「夜会」、
以前から行きたい行きたいと願いつつも願いは叶わず。
しかしそんな折に突然東京在住の元同僚のDr.からお誘いを頂き、
ついに、もちろん初参加であります。



開演1時間前、寒い中すでに長蛇の列。



ついに、ついに始まりますよ!



・・・



途中休憩をはさんだ2時間の公演、終了。



とりあえず、いろいろ凄かった。(←※ボキャ貧)



わずか20mほどの目の前であの中島みゆきが歌っているという、
現実なのにこの非日常感が不思議です。
大掛かりな舞台仕掛けと時に難解にも思えるストーリー、
共演の中村中と石田匠の圧倒的な歌唱力にも揺さぶられつつ、
ものすごく濃ゆい中島みゆきワールドにどっぶりと浸かった、
あっという間の2時間でした。これはすごい。。。。

というわけで圧倒された余韻冷めやらぬままに、
元同僚さんと赤坂で一杯飲んで、ホテルに戻ったのでありました。
ビジネスルームのシングル、もう慣れたものです。
寂しくない寂しくない寂しくない・・・


・・・


・・・


ズーン(←※やっぱり最後は)
相変わらずお仕事が忙しいはくこうです。
ちなみに婚活は全然忙しくないんですが何か?


・・・


・・・


で(泣)(←※開店休業状態)


というわけで少し涙を拭きながら、
先日、金曜日に1日出張休暇を頂いて久々に東京に行ってまいりました。
相変わらず東京の人の多さにビビりつつ秋葉原のホテルにチェックイン。
翌日、やってきたのは、



東京医科歯科大学


実際に足を踏み入れるのはもちろん初めての東京医科歯科大学、
今回はMCCRC2016(※別窓)に参加するべくやってまいりました。
米国集中治療に関する3日連続の集中レビューコース、
知識の整理&資格取得のために3日間頑張ろう企画であります。
それにしても、



御茶ノ水駅から見える超高層キャンパスは迫力がありますなー。



迫力ありますなー。(←※巨大建築物好き)



いやはや東京はやっぱり都会ですなー。(←※電車ジャストタイミング)




そしてキャンパス内の銀杏がキレイですなー。



会場の鈴木章夫記念講堂。両隣の像がいずれも鈴木章夫じゃない件について。


最終日を除いて朝8時から1日10時間、ひたすら座って講義講義講義。
知識の総復習としてなかなか勉強になりましたがさすがにしんどく、
PC持ち込み可じゃなかったらやばかったと思いつつ、
お昼のお弁当は出ないので、お昼はお茶の水界隈で外ご飯であります。
近くのカレー店などでお昼ご飯を頂いたところでお茶の水界隈をお散歩。


お茶の水といえば・・・


高校2年生の時に、駿台予備校の夏期講習で来たことがあったなー。


・・・


今でも覚えている高校2年の時の東京出張夏期講習。
確か長岡亮介(※別窓)講師の整数論に関する講義でした。
超高校級、ほとんど大学レベルの講義に、
東京の受験生はこんなん普通なのかと圧倒されつつ、(←※誤解)
だいぶモチベーションを頂いたことを覚えています。
かなり近くに来ているようなので、
昼休みの散歩がてら当時訪れたはずの場所を探してみることにしました。



そうそう、こんな通りでしたよ!(←※20年前の記憶)


妙に記憶に残っているのが、
予備校校舎の近くになんか由緒正しそうな下りの急階段があったこと。
この界隈を記憶を頼りに歩いてみれば、



あったー!!!!


男坂、という名前までは覚えていませんでしたが、
確かにこの階段だったことを確信。
20年前の記憶、意外と正確なものです。



夏期講習で通った校舎は医歯薬専門館になっていました。ある意味奇遇。


そんなこんなでお昼のお散歩を楽しみつつ、
もちろん合計26時間にわたる講義をしっかりと拝聴して、
3日間にわたるMCCRC2016は無事、終了したのでありました。
さすがに疲れた。。。。



大学からの帰り際、神田明神にお立ち寄り。




神田明神、参拝客でもんのすごい行列。



ラブライブの聖地らしく、絵馬は二次元オンパレード。



その中で二次元に必死に抵抗する絵馬。



神社近くのお店のちょっと気になるハイボール。たぶんショウガ味。



そして上野御徒町の名銭湯、燕湯(※別窓)にもお立ち寄り。


東京都唯一の、国の登録有形文化財銭湯も体験したところで、
秋葉原から羽田空港への帰途に就いたのでありました。
いやーそれにしても久々に東京に来るとやっぱり刺激を受けますなー。
普段楽しいドキドキワクワクなんて皆無、
寂しくない寂しくない寂しくない・・・


・・・


・・・


ズーン(←※やっぱり最後はこうなる)

振り返れば今週は激忙しかったはくこうです。
週の半分くらいは帰りがmidnightだった気がしつつ、
お疲れで家に帰ってみれば
もちろん自宅は誰もいない、真っ暗クライクライ。


・・・


・・・



まっくら森の歌


というわけで毎日毎日寒い寒い手術室で働くはくこうですが、
冷え性にはやっぱりお風呂が一番、というわけで、
相変わらず外のお風呂巡りは絶賛継続中であります。
そして毎年秋が来れば恒例のこのイベント。



湯めぐりスタンプラリー2016。(※別窓)


毎年参加してパーフェクトを達成しているこのイベントですが、
今年はちょっと難易度高めのようです。
いつもは4~5カ月の期間に35店舗を回ればよかったのですが、
今年はイベント期間がなんとたったの2か月半。
この間に35店舗を周らなければなりません。



大阪市を中心に広域に散らばった参加店舗。


というわけでまたしても綿密な計画を立てて
休日を中心に恒例の秋の湯めぐりスタート。
まずは泉南地域の3店舗同日訪問を皮切りに、
東大阪3店舗訪問、大阪ベイエリア3店舗訪問、
神戸明石方面も割と早めに制覇し、
茨木吹田はセットで2店、新大阪もセットで2店、
相変わらず河内長野は遠いなあーと思いつつ、
梅田での研究会の帰りに「なにわの湯」を訪問し、
松原&八尾のセットはちょっと無理やりすぎたと反省しつつ、
最もアクセスの悪い一休京都本館は高山旅行の帰りに立ち寄り、


この前の近江八幡訪問の帰りには
わざわざ京都南ICで降りて「伏見力の湯」を訪問したところで、


・・・




今年も全店制覇達成!


いやはや、2か月半での35店舗はかなり厳しいと思いつつ、
やってみればできるもんやなーとこの達成感。
いやー、何かを達成するって本当に感慨深いですね。
チャレンジ中、助手席はもちろんいつもお風呂セット!
寂しくない寂しくない寂しくない・・・


・・・


・・・


ズーン(←※やっぱりいつもの展開)

最近、人手不足もあり日中は基本3~4並列、
時には緊急含めた同時6並列以上の麻酔監督をしながら、
毎日のように最後の定期手術が終わるまでは病院に残り、
当直はほぼ必ず緊急手術で徹夜になり、
明けももちろん働くという耐えどころが続いております。
体重はこのところコンスタントに月1㎏ずつ減少中。。。
30代中盤を過ぎてもまだまだスリムなはくこう、
もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※むしろクタクタ)


さすがに少しリフレッシュ&美味しいもの食わねばと思い立ち、
貴重な休日、愛車WRX S4に乗り込み、
名神高速道を走ることしばし。やってきたのは、




近江八幡市。(※白雲館)


近江商人発祥の地、かつては織田信長の安土城があった町。
水郷巡りやこの地に住んだヴォーリズ(※別窓)の建築でも知られ、
特に旧市街地の伝統的建物保存地区は、
その美しくも落ち着いた街並みから、
時代劇撮影の名所としても有名であります。



八幡堀。江戸時代にタイムスリップしたような風景。



八幡堀を水郷巡りの船が進んでいきます。



飛び出し坊や「0系」(※別窓)・江戸時代バージョン。



ヴォーリズさん、お花ひとつどうですかー。



近江兄弟社本社、メンターム資料館前でメンタームと。


今回のプチドライブの目的は、美味しいものをゲットすること。
古い町並みを抜けて神社の鳥居をくぐり、
ようやくやってきた本日の目的地。



クラブ・ハリエ。


滋賀県を代表するバームクーヘンの名店。
特に一部の店舗で提供される焼き立てバームクーヘンは、
入手困難な一品ということで関西人にはなかなか有名であります。
今回は焼き立て提供で大混雑する店舗をあえて外して、
近江八幡日牟禮ヴィレッジ(※別窓)をチョイス。
それでももんのすごーい大混雑でしたが、
お目当てのバームクーヘンは無事ゲットしてご満悦であります。


バームクーヘンもゲットしたところで、
再び旧市街地をお散歩。




非牟禮八幡宮。荘厳でいい雰囲気なのですが・・・



中央に鎮座するのはアンパンマンとばいきんまん。



大量の絵馬、願望の妖気のようなものを感じます。



おみくじはななななんと大吉!



たねや。名物のつぶら餅(※別窓)を美味しく頂きました。



鳥居の外側にレトロ洋風建築があるという不思議な光景。



道しるべ。なぜこのフォントにした。。。


そんな感じで古い街並み散策を楽しんだところで、
再びクルマに乗り込み近江八幡を出発。
そろそろお腹も減ってきたので夕ご飯でも食べようということで、
いざ守山市に突入、やってきたのは、



山さんラーメン。


かつて京都は東鞍馬口通り沿いにあった人気ラーメン店。
岩倉の屋台時代は「京都伝説の三屋台」として有名になり、
東鞍馬口で店舗になってからも京都ラーメン代表店の一角として、
学生を中心に絶大な人気を誇ったラーメン店です。
伝統的かつ激旨ラーメンでラーメンファンを魅了した山さんですが、
突然の賃貸トラブルから惜しまれつつもやむなく閉店されて、
その後に滋賀県は守山市に移転開業。
現在も地域の人気店として元気に営業されておりました。



超絶久々の山さんラーメン。圧倒的旨みを誇るスープに再び感動。



そしてご飯の後はもちろんお風呂へ。


そんなわけでお散歩にラーメンにお風呂にと楽しんだ休日。
リフレッシュして楽しかったなーと思いつつ、


むしろ疲れたような気が。。。(←※明日も深夜まで確定中)


とりあえず明日からも頑張ろうと思うはくこうでした。
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 6
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/14 リリー・クラウス]
[01/14 リリー・クラウス]
[01/13 ゴートゥななしさん]
[01/07 一器高虎]
[01/05 リリー・クラウス]
最新記事
(01/09)
(01/08)
(01/07)
(01/05)
(12/28)
プロフィール
HN:
はくこう
性別:
男性
職業:
麻酔科医
自己紹介:
関西の某総合病院にて勤務中の麻酔科専門医。こっそり温泉ソムリエだったり。気がつけばドクター10年目、WEBでのカキモノは16年目に突入ながら、変わらない非モテ系が、そこにはいる。ズーン。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]