忍者ブログ
独りアクティブ非モテ系13年目ドクターのにっき。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
一昨年から去年にかけてのアメリカ生活で
大変お世話になったのがJALカード
そして去年1年間も学会やら旅行やらで
JALさんには大変お世話になりました。


そしてJALさんはもちろんですが航空各社には搭乗実績に応じて、
上級会員制度というものが用意されているのですが、
もしこの上級会員になることができれば、


・専用カウンターで並ばずにチェックイン
・専用ラウンジの利用
・飛行機の優先搭乗
・預かり荷物の追加




などいろいろな特典に預かることができるわけです。
個人的にはラウンジと優先搭乗はありがたい特典。
JALの場合はJAL GLOBAL CLUBというのがそれに当たります。


 
JALグローバルクラブ(※Wikipedia:別窓)


この会員になるためにはJALカードを所有した上で、


・1年間に50回搭乗(回数で稼ぐ!)
・1年でFly On Point 50,000を貯める(搭乗距離で稼ぐ!)


のどちらかをクリアすれば入会することができるということになります。
なおFly On Point (FOP)については、
例えば羽田ー新千歳をエコノミー正規運賃で利用すると
往復で約2,800ポイント貯まるので、
もし正規運賃でひたすら羽田ー新千歳を往復するなら、
だいたい18往復36回搭乗でFOP 50,000に達することができるわけで、
50回よりも少ない搭乗で規定に達することができるというわけです。


いずれにしろ短期間で飛行機に乗りまくらなければならないわけですが、
飛行機出張の多いビジネスマンならまだしも、
はくこうはそこまで飛行機に乗るような機会はありません。
しかし入会規定に達するためには搭乗回数を増やして
ポイントを稼がなければならない、となると、


飛行機に乗るために飛行機に乗る。


というほとんど「修行」を行う必要があります。
もちろんこれにはそれなりのお金がかかるのですが、
はくこうの手元にはアメリカ生活JALカードで貯めに貯めまくった

200,000マイル!

があります。
これを使ってもちろん効率的に作戦を練りながら、
距離で稼ぐFOP 50,000を目指した修行をやってみることにしましょうか。
JAL上級会員になればもちろんきっとモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※孤独な修行確定)




修行初期は関空ー新千歳往復がメイン。



空港で味噌ラーメン食べてお土産買って戻るの旅。



修行中盤は関空ー石垣。長距離フライトで点数も伸びていきます。



この日は運良くジンベエジェット!



そして別の日にはさくらジンベエジェット!



新石垣空港で頂く八重山そばとかまぼこ(゚д゚)ウマー。



別の日には石垣牛のステーキ丼。これは旨い!



修行後半はひたすらに那覇往復。



ラウンジには沖縄らしいチョイスのジュース。



そしてポイント追い込みにはファーストクラス!



とりあえずシートが広すぎてビビる。



国内線ファーストクラス、和風ご飯。



国内線ファーストクラス、洋風ご飯。
というわけで休日や当直明けの度に
関空、伊丹を拠点に遠距離往復をひたすらこなすこと3ヶ月。


ついにFly On Point 50,000達成!(修業期間約3ヶ月)




というわけで



JALグローバルクラブ会員ゲット!


3ヶ月でJGC修行、解脱。
溜め込んだマイルをeJALポイントに交換しながらの修行だったこともあり、
一般に言われているよりもかなり安値で解脱することができました。
JGCに入ってこれから空の旅がさらに快適になるわけで
これからも日本や世界の空をかけるはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


ズーン(←※振り返れば孤独な修行)

拍手[11回]

PR
ちょっと所要の岐阜ツアー、
岐阜→各務原→中津川→高山→白川郷と来たところで、
続いて目指すのは金沢市内の某ラーメン店です。
そもそもの始まりは今からなんと16年前。


ダメダメ医学生の京風日記・2003年11月30日(※別窓)


かつて京都の紫竹栗栖町にあった伝説のラーメン店「福三」
元・和食の鉄人だったご主人の絶品ラーメンに心底惚れ込んだはくこうは、
恐れ多くもお店を貸切にしてOFF会を開催させて頂いたのでした。
ご主人渾身のラーメン懐石とも言えるコース料理に、
参加者一同大満足だったのはいい思い出です。


そしてそのご主人が京都のお店を閉められた後に、
地元で開業されたのが、



麺や福座。


京都でもハイレベルラーメン店でしたが、
こちら金沢でももちろん超人気ラーメン店。
北陸を訪問するときには足を伸ばしてでも必ず訪問しているお店です。



福座ラーメン。スープ、麺、チャーシュー、メンマ、全てがトップレベル。


数年ぶりの訪問でしたが、
ご主人ははくこうの事を覚えてくれておりありがたい限り。
また近くに来た際には必ず参りますと約束して、
今日も大満足でお店を出たのでありました。


というわけで金沢から関西への帰路。
まだ時間はあるし、もうちょっと寄り道してみよう!
というわけで完全思いつきで訪問したのが、



スカイパークこまつ共生の丘。


旅に来たら必ずどこか飛行機が見える場所を訪問したいですよね!
というわけで大急ぎで検索して発見したのがこちら。
マイナースポットもすぐに発見して楽しめてしまうはくこう、もうモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※全員興味なし)



はくこうカー&小松空港。



飛行機はだいぶ小さくしか見えませんでした。。。



偶然にも離陸シーンに遭遇。望遠レンズがあればGoodな場所です。


思いつきで飛行機ウォッチングも実現。
満足したところで再び北陸自動車道へ。
金津ICで再び一般道へ降りてこの旅最後の寄り道スポットを目指します。
謎の渋滞に巻き込まれつつ走ること1時間ほどで、


 
東尋坊来たよー。


これまた数年ぶりの東尋坊。
それにしてもさすがは夏休みの休日でこちらも大混雑です。



昭和な感じが残るプロムナード。



変なTシャツ屋さん。観光地に来た感じがします。



彩子さんを思い出しました。(←※マニアック)



人が多すぎて自殺の名所のダーク感ゼロ。



ミステリードラマの最終回どころじゃない人、人、人。



むしろ沖合の石油備蓄基地が気になるはくこう。



岩の造形がきれいですなー。


というわけで気がつけば時刻はもう午後5時。
再び車に乗り込んで今度こそ関西目指して車を走らせるのでありました。



なお名神の大渋滞を避けて舞鶴若狭自動車道経由で帰ってきた人。


ちょっと距離はかかりましたがほぼノー渋滞で関西に帰着。
高速道路事情も瞬時に判断して適切なルートを選択するはくこう、
もうモテモテ・・・


・・・


・・・


ズーン(←※偉いのはナビ)

拍手[8回]

岐阜ちょっとした所要の旅続き。
所要1つ目岐阜市、ついでに隣の各務原、足を伸ばして中津川、
そしてちょっと所要2つ目の飛騨高山と来てこれにて全ての所要終了。
あとは関西へと帰るのみであります。
高山からそのまま岐阜へ下って帰るのが最も一般的なルートですが、


せっかくなので寄り道しよう!
ええ、フットワークが軽いはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※やっぱり気配ナッシング)


午前中に高山市内のホテルを出発。
道の駅に立ち寄ったりしつつ、
東海北陸自動車道の本当ならば南下するところを北上ルートを選択。
富山方面に向けて快適に走っていきます。



車は程なく飛騨トンネル(※10,712m)に突入。


飛騨トンネルを抜けて最初のICで一般道へ。
ICから走ることたった10分程で、



世界遺産「白川郷」到着。


午前10時前の到着にも関わらずすでに駐車場の入り口から大渋滞。
昔に比べて格段にアクセスが良くなっただけのことはあると思いつつ、
それでもなんとか40分くらいの待ち時間で第2駐車場に入場し、
いざ白川郷散策スタートであります。



マンホールも白川郷なのに萌える。



さすが世界的観光地、とにかく観光客が多い!



秘境とは思えない大混雑っぷり。。。



ぼくたちのなつやすみ。



そして観光客の半分くらいが欧米系でした。



欧米系の方々もFUZEI写真。



豪雪地帯ですが夏は猛烈に暑い!



この噴水に手をかざしたくなるのは多分本能。



街のすべてが撮影ポイントな白川郷。



この民宿、25年くらい前に泊まった覚えが。。。



国際観光スポットだから英語教育にも熱心?



観光地に来たら必ず神社にお参り(白川八幡神社)。



そして白川郷はひぐらしのなく頃にの聖地でした。



いい感じで年をとったお社。



駐車場と荻町集落を結ぶ橋は大混雑。さすが世界遺産。


さらに長く伸びる駐車場待ち渋滞を眺めつつ正午前に白川郷を出発。
ここから富山経由で関西へと向かいますが、
まだ時間はあるしもう少し寄り道をしていきましょうか。
というわけでちょっと所要の旅はもう少し続きます。


拍手[4回]

岐阜所要の旅続き。
ちょっと所要で岐阜、ついでにお隣各務原、
ちょっと足を伸ばして中津川と来て続いてやってきたのは、



飛騨高山。


中津川から国道257号を北上し41号に合流。
下呂経由で走ること3時間ほどで高山市内に到着です。
相変わらずフットワークが軽いはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※MOCHI★RON気配ゼロ)



高山といえば朝市!



今や露店でもPayPayが使えるようです。



露店のおばちゃんたちがふつーに英語できるのがさすが国際観光都市。



素敵な日本語Tシャツ。



古い街並みも外国人旅行者が半分くらいを占めてました。



市内からちょっと足を伸ばして一宮水無神社へ。


こちらは知る人ぞ知る、
戦時中にあの三種の神器「草薙の剣」が疎開していた神社だったり。
そしてもちろん神社では必ずおみくじを引くはくこうですが、



なんと大吉!幸先がいいですよ!



お稲荷様も雰囲気があっていい感じ。



高山は京アニ「氷菓」の舞台でもありました。



そして御神木がでかい。


というわけで午前中から午後にかけて高山市内を散策。
そして高山市内某所にて再びこの旅の所要をこなし、
高山の夜は更けていくのでありました。



高山にもギロッポン。


岐阜のちょっと所要の旅はもう少し続きます。

拍手[5回]

というわけで所用ありての岐阜ツアー。
かかみがはら航空宇宙博物館をエンジョイしたところで、
外気温43℃(!)の酷暑の中、今度は東へと向かいます。
小牧東ICから中央高速に乗り走ることしばし、
やってきたのは、



ちこり村@中津川市


岐阜県東部に位置する中津川市に到着。
栗きんとんとチコリの栽培で有名(?)な街であります。
割とマイナー野菜を全面に押し出してる感がGood。



目的はこちらの「ちこり茶」をゲットすることでした。


以前岐阜県の某病院にて短期研修していたときに、
近くの日帰り入浴施設で売ってたこともあって
毎日のように買って飲んでいたお茶。数年ぶりの再会に懐かしい感じ。



なかなかアグレッシブなCafeもやっておりました。


ちこり村を出発し、続いては中津川市の北部へ。
地図にはあまり乗っていない場所に付き、
Google Mapなどでいろいろと試行錯誤しつつ到着したのが、



ここだぁ!(←※みんなドン引き)


この廃屋のような建物が目印。
この建物の左手にある石垣の上へ登っていくと、



こんな立て看板が草に埋もれていつつ、



お、ついに・・・



奇跡の鉄橋現る!


北恵那鉄道・木曽川橋梁。
1978年に廃線となった路線ですが、
廃線から40年経ってもなお沿線には遺構がいくつか残されており、
その中でもこの木曽川橋梁は最大の遺構のひとつ。
廃線跡好きとしてはいつかは訪問してみたいスポットでありました。
いやー、みんな大感動ですよね!


・・・


・・・


で(泣)(←※全員理解不能)



この美しい鉄の造形。



この道がきっと鉄道路線だったのでしょう。



山道に入るとここにも素晴らしい遺構が。



せっかくなので上から眺められるスポットに行ってみましょう。



城跡には犬の散歩に来てる人がたくさんおられました。



THE・山城という感じが素晴らしい!



天空の城ラピュタのような光景。



あの櫓がてっぺんのようです。



ZEKKEIキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


2本の橋のうち、手前が北恵那鉄道・木曽川橋梁。
ここから鉄道路線がどんな感じで走っていたのか、
上から俯瞰するとなんとなく見えてくるのも面白いものです。



反対側の景色もFUZEIあり。


そんなわけで何気に
「絶景!山城ベスト10」の映えある第1位に選ばれた苗木城。
こちらの散策も満喫したところで
再び猛烈に熱せられた車に乗り込み、さらに北を目指します。


所用ありての岐阜ツアーはもう少し続く。

拍手[5回]

世間は夏休みですが、
今のところ休みを取れる目処はないはくこうです。
お盆期間中もはたらくはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※むしろヘトヘト)


夏休みの見込みはないはくこうですが、
ちょっと岐阜市内の病院に用事があって年休を頂いて岐阜を訪問。
用事自体は午前中に終わったので、
ちょっと岐阜市周辺のスポットでも訪問してみることに。
というわけで訪問したのが、



岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(※初訪問)


アメリカ留学中にワシントン郊外のスミソニアン航空宇宙博物館を訪問、
飛行機好きとして痛く感激したはくこうですが、

2018年5月2日「こうくううちゅう」(※別窓)

日本にも航空宇宙博物館はある!
というわけで以前から気になっていた施設です。



エントランスロードが滑走路仕様になっていて盛り上がるの巻。



夏休みということもあって遠足さんも来ていました。



唯一現存する陸軍三式戦闘機二型「飛燕」。



「飛燕」全景。ノーズが長いのが特徴。



スミソニアンにもそんな負けてない航空機展示ブース。



巨大飛行艇。実際に見てみるとかなりデカイです。



奥のスペースにはSTOL飛行実験機「飛鳥」。迫力の4発エンジン。



なぜかJALのファーストクラスシートも置いてありました。



日本人宇宙飛行士たち。秋山さんだけナンバリングされてないのが悲しい。



飛行機好きには興奮モノグッズが揃ったミュージアムショップ。



旧日本軍の航空服仕様なのがさすが自衛隊の街。


というわけで2時間ほどたっぷりと飛行機の世界を満喫。
スミソニアンはもちろん圧巻でしたが各務原も全然負けてない!
ちなみに各務原は市名としては「かかみがはら」ですが、
JR高山線の駅名は「かがみがはら」とちょっと読み方が違うわけで、
そんな細かい知識もポンポン出てくるはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


ズーン(←※やっぱりこうなる)



外気温43度というさすが岐阜。


というわけで岐阜の旅はもう少し続きます。

拍手[5回]

というわけで弾丸シンガポールの旅であります。
日本とシンガポールの時差は1時間ということで、
リズムが狂うことなく旅を始められるのは嬉しいところです。
ちなみにシンガポールと言ったらやはり


マーライオン!(←※勝手なイメージ)


ちなみにMerlionにはシンガポール英語で「吐く」という
動詞としての使用法もあります。


例:After drinking 20 tequila shots in half an hour, he Merlioned.
訳:30分で20ショットのテキーラを飲んだら彼は吐いた。


英語の細かい用法にも通じているはくこう、
もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※全員スルー)


というわけでマーライオンを探しながらのシンガポール散策開始。
まずはホテルを出発しようとしたところで、



ドアノブマーライオンキタ━━(゚∀゚)━━!!(※1匹目ゲット)


実際には2匹いますが、
とりあえずセットで1つとカウントしたところで、
ホテルの近くにあったTourism Courtに立ち寄ってみました。
裏口の庭園っぽいところを覗いてみると、




なんかイル━━━━(゚∀゚)━━━━!!



マーライオンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※2匹目ゲット)


ちょっとワイルドだぜぇ~的なお顔が印象的な2匹目。
誰も見学者のいないマーライオンを発見したお得感に満足しつつ、
Tourism Courtの内部に入ってみると、



またまたイタ━━(゚∀゚)━━!!(※3匹目ゲット)


そんなわけで幸先よく3匹もゲットしたところで、
Orchard駅から地下鉄に乗り、Raffles Place駅で下車。
なかなかに暑い中をテクテクと海方向へと歩いていきます。



なんか向こうの方に見たことがある建物が見えてきましたよ。



マーライオンだと思ったら中国銀行のオブジェだった件。



シンガポール川を渡る船。アートがお見送り。


フラートンホテルを回り込んで、
Esplanade Bridgeの下をくぐる遊歩道を歩くとその先に見えるのは、



ミニサーズのマーライオンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※4匹目ゲット)


そしてこの写真の奥にも写っている、
ミニサイズマーライオンに背を向けて海側に立っているやつが、



いちばん有名なやつキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※5匹目ゲット)



さすがは世界的撮影スポット。大混雑。



噴水を手で受ける写真を取りたい人。


大混雑のマーライオン公園で無事定番写真を撮ったところで、
再びRaffles Place駅に戻り、地下鉄で1回乗り換えてHarbourfront駅へ。
VivoCityなる商業施設の混雑っぷりにビビりつつ、



セントーサ島を目指します。


シンガポール沖にあるリゾート島、セントーサ島。
なお2018年に米朝首脳会談が行われたカペラホテルはこの島にあります。
島に渡って2つ目のImbiah駅で下車してみれば、そこには



巨大マーライオンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※6匹目ゲット)



高さ37m。内部に入って登れるとのこと。


巨大マーライオンタワーに圧倒されつつ、
1つ前の駅までのプロムナードをテクテクと歩いてみれば、



Universal Studio Singaporeキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※USS)


そういや近くに水族館があるということで、(←※水族館好き)
ちょっと訪問してみようと思って向かってみれば、



長蛇の列。。。。


それでもせっかく来たからと列に並ぶことしばし。
それなりに進行も早く、30分程で入り口まで来ることができました。



セントーサ島人気スポット。SEA Aquarium。



サメのトンネルがありました。



クラゲ水槽。みなさんインスタ映えする写真撮りまくり。



巨大水槽前。こういうところはなんていうか中華圏。


名物水族館に満足して施設を出発。
さて、駅まで戻ろうかと歩いていたところ、



カラフルなマーライオンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※7匹目ゲット)


Resorts World駅からセントーサ・エクスプレスで再び本土へ。
ここから地下鉄に乗り換えてClarke Quay駅に到着。
そろそろお腹も空いたのでお昼ご飯を、ということでやってきたのは、



ラーメン山頭火。


何故かその地にあると必ず訪問してしまう山頭火ラーメン。
ボストン、トロント、ニュージャージーに続いて海外4店目であります。
安定の山頭火ラーメンを美味しく頂いたところで、
再び地下鉄に乗り今度はLittle India駅で下車。



Tekka Centreでインディアンな雑踏を味わいつつ、


インディア系のお買い物をしたところで、
再び地下鉄で今度はスタート地点のOrchard駅のお隣、
Somerset駅までカムバック。
ショッピングモールの中を歩いていたところ、



小さいのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※8匹目ゲット)



そろそろお時間。最後は伊勢丹でお土産ゲット。


1日中あちこち移動して気がつけば時刻はもう午後8時。
日本への帰国便が深夜2時前初なのでそろそろ出発です。
いったんホテルに戻り、荷物を受け取ったところで、
再びOrchard駅から地下鉄を乗り継いでチャンギ空港へと戻ってきました。
搭乗はTerminal 1からですがレストランが多いのはTerminal 2。
ちょっと夕食でも頂こうと思ってTerminal 2に立ち寄ってみれば、



最後の最後にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※9匹目ゲット)




今年完成した大型商業施設Jewel。やっぱりスケールがすごすぎる。



お土産はやっぱりタイガーバウムですよね!


というわけで1泊3日の弾丸シンガポールの旅もこれにて終了。
マーライオン9匹もゲットして大満足であります。
帰国したら是非みんなにもマーライオン捕獲の楽しさを・・・


・・・


・・・


ズーン(←※みんなドン引き)



深夜便につき、機内ではアイマスクを付けて爆睡しておりました。

拍手[8回]

気がつけば世間は7月の3連休。
以前は連休もどこかは仕事が入るのが普通だったのですが、
最近は働き方改革の一環ということで、
当院OBさんたちが時折休日当直をしてくれるようになったこともあり、
久しぶりの完全3連休であります。


よし旅に出よう!


休暇があればアクティブに活動するはくこう、
もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※気配ナッシング)




いつものように伊丹空港からレッツゴー!(※大阪都心上空)


伊丹空港から飛ぶこと50分、羽田空港到着。
ここで飛行機を乗り換えてさらに先を目指します。



2時間後。窓の外には南の島っぽいものが見えますよ!



6時間後。なんか大きな海峡と橋が見えますね。


羽田空港を飛び立っておよそ6時間半。
北米行きに比べればそんなに長くなかったなーと思いつつ、
本日やってきたのは、



シンガポール・チャンギ国際空港。(※初シンガポール)



空港施設のスケールがすごすぎる件について。



日本語案内もあるので便利です。


ターミナル1に到着後、ターミナル2までスカイトレインで移動。
ここからMRTに乗り換えて市内を目指します。
空港から市内へは乗り換えが多くてちょっと不便やなーとは思いつつ、
空港を出てから1時間ほどで、
ホテル最寄りのOrchard駅に到着しました。



繁華街のOrchard Street。気温は高いけど周囲は超近代都市。



右を見ればそこには伊勢丹。



そして見上げれば高島屋もありました。



屋台的な感じのセブンイレブン。セブンイレブンは全体的に多め。



高島屋でお買い物。「準備中」の暖簾ですがレジは開いております。



日本では中国地方に展開するチェーン店のようです。


そんなわけで本日宿泊するホテルに到着。
内部は巨大な吹き抜けになっていてなかなか圧倒されたのですが、



吹き抜けすぎてもし高所恐怖症だと厳しい感じ。


というわけで1泊3日の超弾丸シンガポールの旅スタート。
さあ、できるだけマニアックな場所を探してみましょうか。
人と違う楽しみ方を常に探し続けるはくこう、もうモ・・・


・・・


・・・


ズーン(←※初日から凹み系)

拍手[6回]

ここんとこ10当直中9当直がノンストップ完全徹夜なはくこうです。
時には週2回徹夜しなきゃならんこともありますが、
若いものには負けんとまだまだ頑張っております。
まだまだタフなはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※心はnotタフ)


以前から愛用していた仕事用の靴に穴が空いてしまったこともあり、
この度新しく買い換えることとしました。
手術室で働く麻酔科医に最も適した靴ということで、
これにはいくつかの条件を満たす必要があります。


・走りやすい

麻酔科医は勤務中に比較的よく走る存在です。
急変が起こった場合はもちろん、
別々の部屋で時間差麻酔導入をする際など、
次の手術室へと走らなければいけないシーンが良くあります。
麻酔科医たるもの、走りやすい靴を履かなければなりません。


・すべらない

手術室は非常に滑りやすい環境にあります。
常に廊下を水拭きされているのはもちろんのこと、
手術室の床はこぼれた輸液、洗浄液、時には血液や羊水などで
大変に滑りやすい環境にあります。
麻酔科医たるもの、滑りにくい靴を履かなければなりません。



手術室は滑りやすい環境です。


・濡れない

手術室ではいろいろな液体が麻酔科医を襲います。
輸液や血液、洗浄液が足にかかったり、
チューブからの痰や胃液などがかかったりすることもしばしば。
これが内部に浸透しないように、
麻酔科医たるもの、防水性のある靴を履かなければなりません。


・怪我しない

手術室は危険でいっぱいです。
ベッド移動の際にベッドの車輪に足を轢かれたり、
何か重い医療器具が足に落下したり、
時には感染症の血のついた針を踏んだりと周りは危険でいっぱい。
さらに人が密集した場所では足を踏まれることもしばし。
麻酔科医たるもの、怪我しない靴を履かなければなりません。



ベッドに足を挟まれそうな図。


というわけで、
走りやすく、滑りにくく、防水性があり、怪我しない靴を追い求め、
いろいろお店を見て回った結果たどり着いたのは、



ホームセンター・コーナン。(※参考画像)


そしてやってきたのは、



安全靴コーナー!(※参考画像)


安全靴(※Wikipedia 別窓)


安全靴、作業場で使用される、先端に鉄板の入ったあの靴です。
足先を守るその安全性はもちろん、
作業靴らしく驚異の滑りにくさを誇り、
最近は軽量かつ耐水性もある安全靴も多数発売されているということで、


これこそ麻酔科医に最も適した靴!


と声高に主張したいはくこうです。




しかも最近はそれなりのデザイン性もあったりしてよろし。


というわけで、
いろいろ吟味した結果、某安全靴をお買い上げ。4000円なり。
次の日手術室で早速履いてみましたが、
試しにつま先をベッドで踏まれそうになってみても
つま先に何かを落としても丈夫な先端はビクともせず。
掃除直後の濡れた床で急停止しても全く滑らず。
さらには水を弾き軽量で運動性も抜群というわけで、
この作業用安全靴こそ、
手術室で働く麻酔科医に最も適した靴だと確信した次第であります。



ただし、
あまりに靴底の滑り止め機構が強すぎて、


・・・


・・・


歩くたびにキュッキュキュッキュうるさい


という微妙な欠点が後から発覚したのはここだけの秘密です。
足音だけで存在がバレるはくこう、
もうみんなの注目の的ですね!AHAHAHAHAHA・・・


・・・


・・・


ズーン(←※次の靴の条件「歩いても静か」)

拍手[10回]

久々に東京出張のはくこうです。
午前中の便に乗るためいつもと同じくらいの時間に自宅を出発。
リムジンバスに乗ることしばし、おなじみ伊丹空港到着であります。
ラウンジでしばし時間を潰していざ搭乗したわけですが、



おおお!なんと珍しい光景!!!


さて、写真を見るだけで分かる人には分かりますが、
実はものすごく珍しいことが起こっております。
大阪空港は通常、北西に向けて離着陸する運用が行われていますが、
この時間帯は滑走路を普段とは逆向きに運用する、
いわゆる「逆ラン」または「14運用」だったのでした。
なんとこの方向での年間運用率はわずか3%とのこと。
ちなみに14というのは北を0度として、
離陸方向が時計回りに140度である滑走路の向きを指します。
大阪空港は通常北西向き離陸なので、
180度を足した320度、すなわち「32運用」が普通です。
滑走路にも詳しいはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※全員ドン引き)

今回は離陸でしたがこの「逆ラン」、
着陸時には大阪市内方向から飛んできて、
いったん空港の南部をパスして宝塚市上空に達した後、
香港の旧啓徳空港アプローチを彷彿とさせる低空180度旋回をして、
一気に着陸態勢に入るというなかなかダイナミックな飛行となります。
いやー、いつの日か猪名川の土手に居座って、
この光景を半日くらい眺めていたいですね!


・・・


・・・


で(泣)(←※さらにドン引き)




逆ランすると、いきなり大阪の都心部に到達!


そんなわけで逆ランに興奮しつつ羽田空港到着。
いろいろと所要を済ませてこの日はいつも泊まる秋葉原のホテルに宿泊し、
翌日、東京の大都会に多少萎縮しながらホテルから歩いて訪問したのは、



東京医科歯科大学!


数年前にMCCRCを受けに来て以来の東京医科歯科大。
建蔽率いっぱいに建てられた高層建築に都会の宿命を感じつつ、
集中治療関係の講習会を受講してまいりました。
そしてお昼休憩には御茶ノ水&駿河台周辺をちょっとお散歩。



明大通りの橋から見る素晴らしい光景。



道を歩けば駿台予備校な駿河台。



駿台予備校だらけ。


そういやいまから20年以上前の高校生時代、
たしかはくこうは御茶ノ水まで駿台の夏期講習を受けに来たのでした。
長岡亮介先生の整数問題に関する講義だったような気が。。。
当時も予備校近くをお散歩して、
なんか名前のついた坂があって、
東京は坂が多いんだなーと思った記憶があったのですが、



あのときに見た坂キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(※二十数年前の記憶)



確かこの校舎で講習を受けたような気がします。


さすが駿台の聖地らしく、
いかにも賢そうな高校生がたくさん歩いていることに少し萎縮しつつ、
再び医科歯科大に戻って午後の講義。
夕方に講義が終わればあとは空港に向かうのみ、
というわけで歩いてJR秋葉原駅へと向かいます。



秋葉原は歩行者天国でした。



羽田空港のラウンジにて。必ず頂く青汁豆乳と黒酢ドリンク。



機内からあべのハルカスが見えました。


そんなわけで無事に伊丹空港に帰着。
本来ならそのまま帰るところですが、
制限エリア内に以前からちょっと訪問してみたいスポットがあったので
少し寄り道です。



荷物を受け取る場所の奥の方の、あの辺りのはず。


そしてターミナルビル内、
GPSを確認しながらいろいろ歩き、ついに、



豊中市の中の池田市の中の豊中市キタ━(゚∀゚)━!!



・・・


・・・



で(泣)(←※全員ドン引き)


はくこうのマニアックな興奮を理解するに当たり、
まずは大阪空港周辺の地割を理解する必要があります。



大阪空港周辺の市の境界線。全国有数の飛び地まくり。


全国の飛び地ファンには割と有名な事実ですが、
大阪空港付近は大阪府豊中市と池田市、
そして兵庫県伊丹市の県境、市境が入り乱れたまさにカオス状態。
その由来は太閤検地に遡るということで、
歴史的にも筋金入りの飛び地地帯なのであります。



そして注目すべきはこのエリア。豊中市の中の池田市の中の豊中市の・・・


ここが一部だけターミナルビルに食い込んでいるのがわかります。



そして今いるのがたぶんその辺り。豊中市の中の池田市の中の豊中市。


いま豊中市にいるんですが、
自分を囲むのはほとんど池田市、
しかしその外をさらに豊中市が囲んでいるというこの不思議な感覚、
いやー、本当にアドレナリンが・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※全員ドン引き)


ちなみに帰りの便も逆ランアプローチだったこともあり、
伊丹の逆ランと飛び地を2つもエンジョイした満足感を胸に、
リムジンバスに乗って帰途についたのでありました。
伊丹空港のマニアックなネタにも詳しいはくこう、もうモテモテ・・・


・・・


・・・


ズーン(←※賛同者ゼロ)

拍手[5回]

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/27 とも。@和歌山]
[09/17 ゴートゥななしさん]
[08/19 吉田]
[05/31 ゴートゥななしさん]
[05/10 ゴートゥななしさん]
最新記事
プロフィール
HN:
はくこう
性別:
男性
職業:
麻酔科医
自己紹介:
近畿地方の某市中病院に勤める麻酔科医。気がつけばドクター12年目、WEBでのカキモノは18年目に突入ながら、変わらない非モテ系が、そこにはいる。ズーン。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]