忍者ブログ
独りアクティブ非モテ系12年目ドクターのにっき。
[765] [764] [763] [762] [761] [760] [759] [758] [757] [756] [755]
さてさて、日本心臓血管麻酔学会@福岡であります。
はくこうも心臓麻酔に関わるもののほんの下座として、
ちゃんと最新の心臓麻酔について勉強してこようとの決意を胸に秘め、
当直明けに伊丹空港から飛んで福岡にやってまいりました。



日本心臓血管麻酔学会第20回学術集会@アクロス福岡


福岡空港に到着したのが午後2時半過ぎ。
そういえば朝ごはんも昼ごはんも食べてなかったことを思い出し、
せっかく博多に来たわけやし、


ラーメンだぁ!


というわけで本場博多でラーメンであります。
さてさてどのお店へ行こうか、
元祖長浜屋、一風堂本店、一蘭本店はどれも以前に訪問済みだし、
せっかくならこれぞ博多というラーメンを食べたいもの、
いろいろ考えているうちに思い出したのが、
数年前に話題になった2chのこのコピペ。


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/27(金)
21:22:50.46 ID:YCFL6JkP0
「高菜、食べてしまったんですか!!!!????」
多分、僕の口の周りに微妙に唐辛子の味噌がついていたのだろう。
はい、食べました。美味しかったです。と答えた。
すると、「うちの店は初めてですか?(答える間もなく)
何故高菜を食べたんですか?スープを飲む前に何故高菜を食べたのですか?
ルールがあるじゃないですか。
まずスープをというルールがあるじゃないですか!」
と18センチのまま一気にかましながら、
持ってきたラーメンを手放さずにこう言った。
「これをお出しすることは出来ません。マナーに反する人はお帰りください」
唖然とした。「だってここに高菜が置いてあるから、
食べちゃいけないなんて書いてないから食べました。
じゃあ、今から水を飲みまくりますよ。で、口の中を洗いますよ。
それでも駄目なんですか?」と訊ねたら、また同じことを言われた。
長男を見たら、長男は「あちゃー」という顔で奥でもじもじしている。
そっか、わかった。次は旦那さんだ。
3秒ほど無表情で見詰めたら、反応があった。
「お客さんは酒を呑みますか? 利き酒って知ってますか? 
利き酒をする前に高菜を食べますか? 
そういうことです。そんな神経の人に食べてもらっては困るのです」
ここでまた奥さんがかまし始める。
「うちは看板も出さずに必死にやっているのですよ。
スープを認めてくれないなら、やっていけないんですよ。
唐辛子が口の中に入っていたらまともに
スープを味わってもらえないじゃないですか? 
そんな人にスープを呑んで味を判断されたら、
もう終わりなんですよ、はぁーはぁーはぁっ」


この厳しいラーメン屋ですが、なんと実在するとのこと。
コピペ通りに、確かに看板も出さずに営業しておられ、
店主の哲学に沿わない行為に対しては
コピペ通りに問答無用で退場処分を食らうという、
最も完食困難なラーメン店として巷では有名なお店とのことです。
まさにラーメン界の両国予備校的なポジションというわけで、
ここはしっかりと予習して望まなければなりません。


どうも調べた限り、


強制退場にならないためにこれだけは守っておきたいリスト 
・最初にスープから飲まず麺から食べたら退場。 
・最初にスープを飲んだが飲む前にかき混ぜてしまったら退場。
 (最初はかき混ぜず、そのまま飲むのが正解) 
・目の前にある辛子高菜はトラップ。ラーメン食べる前に喰うと退場。 
・店の前に駐車すると退場。(ベンツなどコワモテ車だと可らしい) 
・子供は不可。子供づれの時点で退場 
・喫煙不可。 
・携帯撮影はもちろん着信音が鳴っても退場。 


上記ほど可能性は低いものの退場になる可能性があるもの 
・地図をもって店に入ると退場。(一見さんお断りのため) 
・店内をきょろきょろ見回しても退場(同上) 
・メニューを聞くと退場。(同上) 
・大盛りを注文すると退場。(メニューを知らないとみなされ後同上) 
・ラーメンについてウンチク語るのも不可。 
・関西弁不可。(店主が嫌いらしい) 
・私語は避けたほうが良い。黙ってるのが吉。 


・・・


・・・


難易度高っ!!!


というわけで、さすがにドキドキしながらも、
地下鉄の最寄り駅を降りて、大通りから一本入ったところに、



お店発見!!!(←※看板無し、監視カメラはあり)



この青いバケツがあれば営業中のサインらしいです。


恐る恐るドアを開けて店内に入れば

「いらっしゃいませぇ」

の意外にも明るい接客とともに、カウンター席へご案内。
時間が午後3時過ぎだったこともあり店内はそこそこ空いておりました。
入ってみればFM放送が流れる普通のラーメン店ですが、
確かに写真撮影お断りマークや、店主のこだわり紹介など、
噂通りの少し緊張した雰囲気の漂う店内です。
目の前にあったトラップ、高菜には絶対に手を付けずに、
もちろん携帯をポケットから取り出すこともなく、
キョロキョロ周りを見回すこともなく静かに待っていたところ、
いよいよ待望のラーメン登場、
もちろんスープから頂きましたが、


旨っ!!!!!(←※極上ハイレベル豚骨!!!)


濃厚クリーミーだけど旨味がたっぷり臭みはまったくなし。
しかし甘すぎずこれぞ旨味と塩味のベストマッチング、
さすがスープを一押し全面に出すだけの超ハイレベル豚骨スープです。
チャーシューもトロトロに煮こまれた自分好みの一品。
決して奇をてらうことなく博多ラーメンの王道を極上に洗練された、
いやはや素晴らしい一杯でありました。


(※もちろん写真撮影厳禁につき、写真はなし)


ちなみにラーメン頂き中に、
新たに入ってきたお客のチャラい系お兄さんとご主人が、
微妙に口論モードになって、
店内にちょっとピリッとした雰囲気が流れたあたり、
さすがは噂通りのラーメン屋やなあと実感したりしつつ、


・・・


さーてと、お腹もいっぱいになったことだし、
この後は学会で後輩君のポスター発表を見学して、
夜は久しぶりのせっかくの博多、
中洲あたりに美味しいものでも食べに行きましょうかね!



独りで。



・・・


・・・


ズーン(←※学会でも常に独り!)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/19 吉田]
[05/31 ゴートゥななしさん]
[05/10 ゴートゥななしさん]
[04/28 ゴートゥななしさん]
[04/12 ゴートゥななしさん]
最新記事
プロフィール
HN:
はくこう
性別:
男性
職業:
麻酔科医
自己紹介:
近畿地方の某市中病院に勤める麻酔科医。気がつけばドクター12年目、WEBでのカキモノは18年目に突入ながら、変わらない非モテ系が、そこにはいる。ズーン。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]