忍者ブログ
独りアクティブ非モテ系13年目ドクターのにっき。
[893] [892] [891] [890] [889] [888] [887] [886] [885] [884] [883]
というわけで再び豊岡であります。
昨日は城崎温泉で大急ぎでゆっくりしてきたということで、
くつろいだんだか疲れたんだかよくわからないテンションでしたが、
やはり旅は気分転換になっていいものです。
さあ、はくこうもいよいよモテモテへと転換・・・


・・・


・・・


で(泣)(←※ズーン)


朝ごはんを食べてホテルを出発。
まずはバスにのるためにJR豊岡駅へと向かいます。



だいぶ攻めまくっている全但バス。



そして再びコウノトリ但馬空港へ。


というわけでこの日は但馬空港見学ツアーであります。
毎年夏、冬のシーズンに開催されている個人向けツアー。
飛行機好きとしてはなかなかに心躍るツアー、いよいよスタートです。



まずは朝一番の便の着陸を空港の屋根の上から見学。



続いていよいよパトロールカーに乗って制限エリアへ。



普段は絶対に見ることのできないエリアから飛行機を見学。



滑走路脇の道をパトロールカーが行く。



そして滑走路脇から飛行機の離陸を見学できるという大サービス。



飛行機が離陸後、いよいよ滑走路内へと侵入。



各種誘導灯についても解説を頂きました。



崖に向かって飛び立っていくような滑走路。



これは普通の状態の滑走路ですが・・・



なんとサービスで誘導灯を点灯させてくれました。



滑走路には水はけを良くするためにギザギザの溝が掘られています。



雲が出て暗くなったらさらに雰囲気が盛り上がりました。



そしてなんと管制塔内にもご案内。


管制塔内の機器やモニター画面などは撮影禁止ですが、
管制塔内から外の景色を撮影する分にはOKとのこと。
これこそ空港の特等席的な風景を満喫したところで、



最後は静態保存されているYS-11へ。



普段は立入禁止の機内に案内して頂き、(※昭和の新幹線チック)



コックピットにも座らせてもらいました。



「はっしん!」とか重々しく言ってみたくなる。


というわけでだいたい3時間程度の但馬空港見学ツアーこれにて終了。
滑走路に離陸見学に特殊車両庫に格納庫、さらには管制塔見学にYS-11と、
但馬空港の全てを存分に満喫し大満足です。
最後に案内して頂いた職員さんに聞いてみました。


は「お客さんとしてはやはり家族連れなんかが多いんですか?」
空「ええ、そうですね。」
は「1人で参加するのは珍しいんでしょうか?」
空「いえ、1人で申し込まれる方も結構多いですよ。」
は「そうなんですね。」
空「ええ、かなりお詳しい航空マニアの方とかが多いですね。」


・・・


・・・


なんかそういう目で見られてるー。(←※当たらずとも遠からず)




というわけで夕方の便で大阪に戻ったのでありました。サンクス但馬空港。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
サムネイルがインパクト有りすぎて面白いですね!
ゴートゥななしさん 2019/04/12(Fri)20:41:47 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[09/17 ゴートゥななしさん]
[08/19 吉田]
[05/31 ゴートゥななしさん]
[05/10 ゴートゥななしさん]
[04/28 ゴートゥななしさん]
最新記事
プロフィール
HN:
はくこう
性別:
男性
職業:
麻酔科医
自己紹介:
近畿地方の某市中病院に勤める麻酔科医。気がつけばドクター12年目、WEBでのカキモノは18年目に突入ながら、変わらない非モテ系が、そこにはいる。ズーン。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]